遅々ながら

レポート作成しております。やっと、大乗仏教思想史の半分(中観派)がほぼ完成(400字×8)。

私が京都とか奈良のお寺に付き合わせるためか、妻が仏像とか仏教美術に興味をもったらしく、和辻哲郎「古寺巡礼」を買って熱心に読んでました。あくまでも美術的なところに興味があるらしく、私が「このお寺はね・・・」と少ないうんちくを語ると聞いているのかいないのかといった感じで、そういうのにはあんまり興味を持ってないようです。。。

広告を非表示にする