冬期スクーリング

冬期スクーリングに行ってまいりました。今回は、仏教学演習1・2と中国仏教史の1・2になります。演習ですから、いわゆるゼミみたいな感じなのかなと行く前は思っていたのですが、普通の講義形式と同じでした。

演習の1は、ゴータマ・ブッダの輪廻観、2は摂大乗論について。演習の2は、摂大乗論をサンスクリット語で読むというもの。しかし、通信の場合、通学制の大学のようにサンスクリット語等語学の講義がないため、どれだけの方があの講義を理解しているのか、ちょっと疑問。またそういう講義をする意味についても疑問に感じてしまいます。まあ、個人的には興味のある摂大乗論ではあるのですが。

夜行バスでいったために、あまり車中で眠れずに、講義中眠ってしまわないか心配でしたが、不思議と眠ることはなく、何とかなったと思います。そういえば、去年の仏教学研究も今回と同じような感じでしたねぇ。
PICT0024

日曜朝6:30の京都駅前。

広告を非表示にする