NHK新シルクロード 第5集

偶然また見る。今日の放送は、鳩摩羅什のふるさと・亀茲国(クチャ)。なかでもキジル石窟と鳩摩羅什について。羅什の人生を振り返りながら、彼の経典翻訳中に見られる彼自身の思想的な面にも言及されてましたね。

あのキジル石窟のなかにあった、ラピスラズリで彩られた弥勒菩薩の図は印象的でした。しかもクチャ国の人々が昔からその青色を好んでいて、今でも壁に好んで塗っている姿が映し出されてたのもまた印象的でした。はるか昔、兜率天におられる未来仏である弥勒菩薩を称えるのにも使われ、また現代でも、天に住む神を意味するというその青色を家の壁とかに塗ることによって生活の中に取り込もうとする姿がダブって映ってたような気がしました。