卒業決定通知と卒論の評価

昨日、卒業決定通知が届きました。無事卒業決定です。

卒論については、過分な評価をしていただいて、何か恐縮です。でも、素直にうれしい気持ちで、あの作業が報われた感じがします。今思い出しますと、10・11月頃でしたか、サンスクリットの講読の予習とぶつかってしまい、卒論と両方をこなすのがきつかったのが一番印象に残ってます。他のメンバーの方は、ガンガン予習をやられてる上級の方ばかりだったので、予習があまり出来てない私だけ変な読み方をしたりして(笑)、ヘコんだのを覚えてます。何か中途半端に投げ出すのも嫌だったんで、途中サンスクリットを何回か休んでしまいましたが、しぶとく続られたのはよかったと今では思います。

指導していただいた森山先生に感謝致します。そして、私が論文を書くことに集中させてくれた妻にも感謝ですね。

しかし前にも書きましたが、清書を提出した後になって、誤字・脱字をいくつか発見してしまったのでした。一応、保管・公開されるので、その点はどうかなと思い、訂正部分の差し替えはできるかと今日聞いてみました。論文の内容に関わるのでなければ・・・ということで、了承していただきました。

あとは、卒業式。式は、3月25日(日)12:30から京都の本学でありまして、その後学科ごとに証書の授与になるようです。そして、知恩院の参拝かな。私も出席して参ります。学割効かないんで、日帰り1day京都プランというのを申し込んでおきました(笑)。