新訳カラマーゾフ

産経新聞記事より。

カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)

カラマーゾフの兄弟1 (光文社古典新訳文庫)

新訳はまだ読んだことありません。昔、10年以上前に新潮文庫の方を読みかけたような記憶があります。『地下室の手記』とか『罪と罰』は一、二度通して読んだことがありますが、『白痴』や『悪霊』、『カラマーゾフ』はなかなか読破できなかったように思います。とにかく長すぎるという記憶があります。新訳なら、すんなり読めるかもしれませんね。というわけで、読んでみたい誘惑に駆られますが、どうでしょう。いつの日か読める日がきますように・・・(笑)。こうやって、歳をとっていくんだろうなぁ(笑)。

広告を非表示にする