日本人の脳に主語はいらない

日本人の脳に主語はいらない (講談社選書メチエ 410)

日本人の脳に主語はいらない (講談社選書メチエ 410)


毎日新聞書評で取上げられてました。

欧米人は右脳で母音を聞くと、ただちに同じ部位が刺激されて自他の識別を行ない、次にそうした情報が言語と思考の左脳に送られて、言葉や文が生れてくる。言葉の音が聞こえたとたん、脳の自他識別の働きが起こり、その前提のもとでしか言語も思考もスタートしない。

ところが日本人は、言葉の音が言語と思考の左脳に直接入ってしまい、自他識別の右脳を経ずに、思考が始まり、すみやかに言葉や文が流れ出てくる、というのである。

結局、日本語と欧米語の文法構造の違いは、脳の働きの違いに還元されるされるのでしょうか。