SEA OF BUDDHA

連休の谷間ですが、今月は、店の方は2割引セール、洋書会は大市もあり、連休は勉強だけでなく家族サービスもしなきゃ…(笑)と、何かと慌しくなりそうな予感。


BRUTUS特別編集 杉本博司を知っていますか? (マガジンハウスムック)さて、先日知人の方と杉本博司さんという写真家の話題になる。入門書みたいなのがこのブルータスくらいしかないようで、よく分からないところもあるんですが、こちらの表紙は、「SEA OF BUDDHA」です。京都・三十三間堂の千体仏ですが、700年前の平安貴族たちが見ていたのを再現する為、現代の蛍光灯を取り外して朝の自然光で撮影したというもの。正直この画にはかなり引き付けられました。


先月まで金沢で展覧会があり、現在は大阪の方で展覧会開催中のようです。図録もちょっと高めですし、作品集も高額なため、私にはちょっと手が出ないですが…。

f:id:furuhon-ya:20090501123939j:image:w200

アートとは技術のことである。眼には見ることのできない精神を物質化する為の。
私のアートとは私の精神の一部が眼に見えるような形で表象化されたものである。いわば私の意識のサンプルと言っても良い。私はアーティストとして長年この技術を磨くことを心がけてきた。〜金沢21世紀美術館プレス・リリース(PDF)より〜