読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本版・死者の書

往生要集〈上〉 (岩波文庫)土日は、時間を見つけてはレポート作成。浄土図関係といいますと、やはり源信の『往生要集』は外せないかな、というわけで、一応目を通すようにしてるところです。


『往生要集』といえば、やはり日本版「死者の書」のような感覚があります。病者を無常院という別所へ移させ、念仏三昧の生活を送らす臨終行儀や、如想念という観想念仏の中で阿弥陀仏がはっきりと現われて救いとってくれる経験などなど。


そのような『往生要集』と来迎芸術の関係とかそういうのを書いてるわけですが、案外早く終わるかも…と思ったところですが、どうなりますでしょうか。

日本人の死者の書―往生要集の「あの世」と「この世」 (生活人新書)

日本人の死者の書―往生要集の「あの世」と「この世」 (生活人新書)


『往生要集』というので検索しますと、こういう本もあるようですね…。