ブッダとは誰か

吹田先生の新刊ということで、早速購入して読みました。

ブッダとは誰か

ブッダとは誰か

仏伝というのがいつ頃書かれ出して、それがどのように増殖していくのか、その辺を文献学という方法によって辿ろうとするもの。興味深いのは、過去七仏が言われ出すのと、仏伝が出来上がっていくのが平行しているというところ。断片的に知られるだけだった釈迦牟尼の生涯から発展して仏伝が作られていくのですが、そこには“ブッダたるもの”かくあるべし!という当時の人々が思い描いていたイメージが投影されたのだといいます。そして、その“ブッダたるもの”は普遍的に存在していて、過去にも同じような属性を備えた人たちがいたんだと言われ出す。そこに、“人としての”釈迦牟尼から、いわば“人を超えた”超人としての釈迦牟尼への発展が見られると思います。


文献学によって浮かび上がるブッダとはどのような人物なのか?装飾を一枚一枚剥がしていった先に明らかになる人物像とは??非常に興味深いところですね!

広告を非表示にする