神社の起源と古代朝鮮

3月に入り、インフルエンザや花粉症やらで体調がすぐれませんでした。で、回復したらしたで、色々あって慌しくしてました。

 

今月末をもって、博士課程は満期退学になりまして、4月から研究員という身分になります。先日はその手続きで京都の本学に行ってきました。あと3年の猶予期間をもらった感じなので、きちんと計画を立てて、それに沿って進めていきたいと思っています。今年の印仏の発表も申し込んでおきました。

 

 

さて、最近読んだいくつかの本の中から、まずはこちら。

京都学派 (講談社現代新書)

京都学派 (講談社現代新書)

 

 

この本は、京都学派の哲学内容について解説するというのではなく*1、京都学派の戦争責任と、その負の遺産をどう乗り越えるか?という点に絞って話が進みます。結論的にいうと、その答えを新京都学派の上山春平の思想の中に見ていこうとしています。その他にも、高山岩男の『場所的論理と呼応の原理』に対するの評価(レヴィナスの思想との関係性)や、京都学派に対する歯に衣着せぬ批判を展開した高橋里美の哲学の位置付け、そしてパースの哲学を取り入れた上山春平の『日本文明史』などに注目しているところが、すごく参考になりました。

 

 

次にこちら。書店でみかけて、何気なく手にとって読んでみたところ、見事に引き込まれてしまいました。

神社の起源と古代朝鮮 (平凡社新書)

神社の起源と古代朝鮮 (平凡社新書)

 

もともとお稲荷さんや八幡様というのが、渡来人の祀った神であったというのはよくいわれてますが、日本固有の信仰と看做されている神社そのものの成り立ちが古代朝鮮(新羅伽耶系)からの渡来人によってもたらされたものであるというのは結構刺激的な話。実際、敦賀、近江など日本海側には、成立の古い新羅系の神社が多く残っているそうで、著者はそれらを丹念に訪れ、その紀行文をベースに話が展開していきます。

 

渡来人たちは瀬戸内海を経由する畿内よりも、直接日本海側に上陸して、様々な技術、とりわけ金属の精錬技術を伝えたのではないかと著者は見ています。新羅系神社の近くには必ず鉱脈がありますが、上陸した彼らは、当時の金に比すべき鉄を求めて未開発の倭の国を東漸していき、そこに彼らの古俗に従ったシャーマニズム的な祠を建て、それが神社の起源になったのではないか、という話です。面白いのは、神社の原始形態である、社殿のない森だけの聖地というのが日本海側、とりわけ朝鮮に近い壱岐対馬に存在しているという事実。それについては、著者の三部作のこちらの本の話になってくるんですが・・・。

 

原始の神社をもとめて―日本・琉球・済州島 (平凡社新書)

原始の神社をもとめて―日本・琉球・済州島 (平凡社新書)

 

 

 結局、三部作全部買ってしまったという・・・。

 

伊勢と出雲: 韓神(からかみ)と鉄 (平凡社新書)
 

 

出雲へは、以前松江で印仏学会があったときに足を伸ばしましたが、今度はゆっくりと行ってみたいものですね。

*1:それについては、『日本の哲学をよむ: 「無」の思想の系譜 (ちくま学芸文庫)』などを参照するのが手っ取り早い。

縄文の思想

こちらの本を読みました。 

縄文の思想 (講談社現代新書)

縄文の思想 (講談社現代新書)

 

本書では、アイヌと古代海民とのあいだで、共通する神話、世界観が見られることに注目し、なぜそうした神話が見られるのかという疑問を説くかたちで話が進んでいきます。はじめに、本州各地の海民が北海道を訪れ、アイヌの祖先集団と交流していただろうということを考古学的な調査結果を踏まえて解説されています。初めて知りましたが、九州西海岸、西日本各地でアイヌ語地名が色濃く残っていることがアイヌ語研究者によって指摘されているんですね。

 

次に、そうした縄文性を強く留めていた古代海民、アイヌ、南島の人々の世界観・他界観を解説し、共通する神話の世界の内容に入っていきます。それは、海の神が死者である山の女神を訪ねる他界往還伝説なんですが、そうした内容は列島各地の修験者が伝える内容でもあり、あるいは折口信夫の「まれびと」とも繋がり、正月に読んだ『世界神話学入門』とも関連してくるもので興味深かったです。

 

本書の中でさらっと触れられてますが、季節を定めて海からやってきた神が、山を模したかのような超高層の神殿の神のもとへ往還するという古代出雲大社も、縄文の思想で読み解くことができるんじゃないかとか、あるいは、スサノオこそ海民のイメージを象徴したもので、縄文的なるもののをよく現わした「前古代」のイメージだったのではないかなど、随所に発見がありました。

 

古代海民のネットワークに注目することで、朝鮮半島、南島、サハリン、そして大陸沿海州がダイレクトに繋がってきますし、網野善彦の海民史観とも関連づけられて、縄文を視点とした列島史の読み換えの可能性を示してくれて、面白く読ませてもらいました。

 

 

ブッダたちの仏教

自分の場合、新書って通勤電車内で読むのに最適なので、気になるのはちょくちょく買ってます。まずは、こちらの並川先生の新刊本。

ブッダたちの仏教 (ちくま新書)

ブッダたちの仏教 (ちくま新書)

 

 

並川先生は授業もお聞きしましたし、それ以外にもいろいろとお世話になっております。今回の本は先生のこれまでのご研究を一般向けに書かれた感じで、面白く読ませていただきました。

 

まず、タイトルに「ブッダたちの」とありますが、歴史上、阿弥陀仏毘盧遮那仏などいろいろなブッダがいるものですが、そうした他方仏を説く大乗仏教以前のゴータマ・ブッダ在世当時のインド宗教世界でも、複数のブッダがいたというのは意外と知られてないのかもしれません。当時は、ゴータマ以外にも修行を完成した人は皆「ブッダ」と呼ばれていたといいます。

 

矛盾した記述も見られる初期経典は、ゴータマ・ブッダの教説たけでなく、そうした複数のブッダたちの教えの集積と見るべきで、仏教っていうのはそういう宗教だと私も思います。

 

 

その次はこちらを今読んでますが…

 

縄文の思想 (講談社現代新書)

縄文の思想 (講談社現代新書)

 

 

 読んでる途中で、こちらをたまたま入手したので、一旦中断してこっちを読んでみました。

日曜日に読む『荘子』 (ちくま新書)

日曜日に読む『荘子』 (ちくま新書)

 

 

荘子を読むというよりも、そこから哲学的、形而上学的な問題を取り出してきて、それについて、ああでもないこうでもないという話が延々と続く感じな本です。結構難しいことがサラッて書いてあって、考えさせられながら、読んでました。

 

世界の始まり、世界の果ては有るのか、無いのか、有るのでもなく、無いというわけでもない?有限でも無限でもないということは大きさをもたないことになる?しかし、現に今こうしてあるじゃないか?こうした言語の限界というところで、荘子ヴィトゲンシュタイン、カントが交差するみたいなそんな感じ(笑)。

 

 

タイトルにあるように、日曜の暇なときにソファに横になって読むのがいいかも。通勤電車内で読んだら、確実に寝落ちできます(笑)。

 

 

正月の読書

正月休みにこちらを読みました。

 

世界神話学入門 (講談社現代新書)

世界神話学入門 (講談社現代新書)

 

 例えば、ギリシア神話オルフェウス物語と古事記のイザナキ・イザナミの話など、非常に離れたところで、同じような神話があるというのはよく聞くと思いますが、本書ではそうした世界的な神話の類似性に対して、一つの仮説が提起されてます。それが、遺伝学や考古学によって明らかになった原初の人類の移動した軌跡と、神話的な類似性がが重なるというもの。もともとはマイケル・ヴィツェル先生(古代インド神話・宗教がご専門)が提起したものですが、その紹介とともに、筆者による検証と見解が示されています。

 

これがそのネタ本。 

The Origins of the World's Mythologies

The Origins of the World's Mythologies

 

 

離れた場所に似た神話があるのも、DNAレベルで説明されてしまうと、何か妙に説得力を感じました(笑)。興味深いですね。

 

 

あと、ずいぶん前に買ったこちらもパラパラと眺めてました。唯一の日本語で読める入門書だけに、貴重なもの。「ラーマーヤナ」に匹敵する説話集である「カター・サリット・サーガラ」の成立前に「ブリハット・カター」という大説話があったという、ほとんどが未知の領域の話だけに、勉強になりました。

 

大説話ブリハットカター (中公選書)

大説話ブリハットカター (中公選書)

 

 

しかし、「カター・サリット・サーガラ」は岩波文庫に入ってはいますが、長らく品切れが続き、復刊が待たれますね。

 

 

ちなみに、トーニーの英訳はうちの店に長らく在庫してるんです・・・って、ちゃかかり宣伝(笑)。

 

www.kosho.or.jp

 

こちらも新刊では入手できず・・・。

www.amazon.com

2018年の目標

しばらくぶりの投稿になります(^^;;

 

新年早々、部屋の模様替え。机の位置を変えて心機一転。今年も頑張ろう! 

f:id:furuhon-ya:20180103101742j:image

f:id:furuhon-ya:20180103104245j:image

 

2018年にやりとげたいこと。

1. 論文を1本投稿

2. 語学のレベルアップ(梵・蔵・漢・独)

一年を通して、具体的な本を読んでいきたいと思ってます。

 

 サンスクリットはこれ。

Hitopadesa: The Sanskrit Text, with a Grammatical Analysis, Alphabetically Arranged (Classic Reprint)

Hitopadesa: The Sanskrit Text, with a Grammatical Analysis, Alphabetically Arranged (Classic Reprint)

 

部分的には読んだことありますが、全体的に読んでみたいですね。西洋の説話文学にも影響を与えたというインド人の智慧*1、やっぱり面白いですねぇ。

 

 

次にドイツ語は、ニーチェ

Also sprach Zarathustra: Nietzsche: Hauptwerke

Also sprach Zarathustra: Nietzsche: Hauptwerke

 

 

西蔵語もやはり、読んで面白いのは格言集なのか(笑)。

 f:id:furuhon-ya:20180103070426j:image

 

最近、こちらの本を見つけました。インドの説話が東へ西へ、いろいろと影響を与えているのが分かりますね。

『サキャ格言』とインドの説話

『サキャ格言』とインドの説話

 

 

漢文は、やっぱりこれ。

 

楞伽経 (新国訳大蔵経[インド撰述部]8如来蔵・唯識部2)

楞伽経 (新国訳大蔵経[インド撰述部]8如来蔵・唯識部2)

 

後半部の補注を読むだけでも勉強になります。

 

最近、こちらも買って読みましたが、いつになっても漢文をひとりで読むだけの自信はないなぁ(笑)。 

大智度論による仏教漢文読解法

大智度論による仏教漢文読解法

 

 

漢文訓読入門

漢文訓読入門

 

 

3. マラソンでメンタル鍛えるw


4. ブログを放置しないw

これ、基本(笑)。

 

3と4は半分冗談ですが(笑)、時間的に余裕がない自分にとっては、毎日が勝負なのは変わりありません。今年も日々危機感を持って頑張りたいです。

 

 

さて、休み明けの6日に早速京都へいって面談授業、そして、1月末〆切の課題にとりかからなければ!

 

 

今年もよろしくお願いします!

ブログのタイトル変更

こっちの方は大分ご無沙汰でしたが、このたび、ブログのタイトルを変更してみました。

 

自分の場合、仕事、家庭、その他の趣味などある中で、片手間に趣味の一環で勉強してるだけなんで、一端に研究って名乗っちゃっていいのかなと・・・(笑)、しばらく前からそう感じていました。あくまでも、読書日誌とした方が分相応かな、と(笑)。もともと、多くの方にご覧いただいてるようなブログでもないし、こんなこといちいち書かなくてもいい気もしますが・・・(^^;;

 

これからは、自分の関心の赴くままに、気楽に綴っていこうと思います。

 

 

さて、ちょっと前に、アランの幸福論を読んでて、アランの背後にはどうもセネカがあるだろうと思い、最近はセネカを読んでました。

 

人生の短さについて 他2篇 (古典新訳文庫)

人生の短さについて 他2篇 (古典新訳文庫)

 

 

 

怒りについて 他二篇 (岩波文庫)

怒りについて 他二篇 (岩波文庫)

 

 

読んでて思うのは、何か仏教と重なるところが大いにあるというところ。とりわけ、ストア哲学が、哲学ではありつつも、いかにして怒りや不安、恐れ、悲しみなどの情動に左右されない“心の平静”を手に入れるかという、多分に心理学的な実践哲学でもあるところが注目されます。

 

 

そのあたりの解説書としては、以下のアーヴァイン氏の本がすごく参考になりました。 

良き人生について―ローマの哲人に学ぶ生き方の知恵

良き人生について―ローマの哲人に学ぶ生き方の知恵

 

 

 

欲望について

欲望について

 

 

心の平静が目的だなんて、仏教そのものだし、ヘレニズム期において、そういうのが言われだすところが面白い。だいたいにして、北アジア老荘思想が栄えた頃にストア派は誕生してるし、ストア派の人物の多くはフェニキア人で、もとからのギリシア人ではないし、インドからの影響を見逃すことはできないでしょう。

 

 

なんてことを仏教の研究をしてる方に言うと、ふーん、とか、へぇーということで済まされてしまうので(笑)、こういうところに書いておこうと思ったのですが・・・。

 

 

ま、それはともかくとして、最近こちらの本を読み始めました。著者のピエール・アドによれば、古代ギリシア・ローマにおいて、哲学とは生きる道として、何らかの宗教的(スピリチュアルな)実践として解釈されていたことになりますが、ストア派において、そういう実践がどんな役割を果たしていたのか?仏教的な精神修行法との関連は?などなど興味を惹かれるところは大きいです。

 

Philosophy as a Way of Life: Spiritual Exercises from Socrates to Foucault

Philosophy as a Way of Life: Spiritual Exercises from Socrates to Foucault

 

 

なんか、自分のやってる研究(もどき?)からどんどん離れていってますが(笑)、それはそれとして、やっぱり、興味本位で行くのが一番いいのかなと・・・自分を納得させているところです。

 

 

本来の研究の方は、最近自分では買えない本を研究費で買って、一応、細々とやっております。11月の発表会までに、ひとまず、まとめなければ…。

 

中論註釈書の研究―チャンドラキールティ『プラサンナパダー』和訳

中論註釈書の研究―チャンドラキールティ『プラサンナパダー』和訳

 

 

 あとこちらの本もちょっと必要になったので買わなきゃ。昔、買っとけばよかった。 

縁起の思想

縁起の思想

 

 

 というわけで、まだまだ研究を諦めたわけではありませんので(笑)、これからもよろしくお願いいたします。

『楞伽経』と『ヨーガ・ストーラ』との関係について

大学院紀要に掲載の論文が公開されました。

 

archives.bukkyo-u.ac.jp

 

本稿では、『ヨーガ・スートラ』、『ヨーガ・バーシュヤ』と時代的に近く、共通する語も多い『楞伽経』との関係に注目して、その影響関係について、他の瑜伽行派の文献も視野に入れつつ、cittaの定義を中心に考察する。その結果、『ヨーガ・スートラ』と『ヨーガ・バーシュヤ』、『楞伽経』におけるcittaの定義には、共通する部分が多いことを確認でき、三者の間に密接な影響関係があっただろうということが分かった。そうした『ヨーガ・スートラ』との共通部分は、『楞伽経』の原型であり同経の素材集ともされる「偈頌品」中に比較的近い形で見られ、本文中ではそれをさらに発展させていることも分かった。以上から、『楞伽経』を作成した人物は、瑜伽行派の正統派というよりも、むしろヨーガ学派と親密な関係を持った人物であり、『ヨーガ・スートラ』と共有する部分を、唯心思想としてさらに発展させていったのではないかと推測されることが分かった。

 

 ご批判、ご感想、お待ちしております。