ガンダヴューハ

最近、華厳経について調べる必要を感じていて、いろいろと本を探してます。梵本は十地品、入法界品だけなんで、あとは漢訳とチベット訳ということになるんですが、全体的にざっと読む分には、やはり国訳の書き下し文がいいかな、と。ちょっと前に、「日本の古本屋」で国訳一切経・華厳部全4冊(昭51年版5,000円!というお買い得品が出てて、買おうかなと思って次の日に検索したら、もう無くなっておりました。嗚呼…。5,000円で怯んでいてはいけませんね(笑)。


現代語訳で全訳となると、こちらしか出てないようです。価格もそうですが、上巻1141ページ、下巻1223ページという分量もまた凄い。口語訳となると逆に読みにくいかなという気もしますが、もっと手ごろな値段なら買いたいところ。

口語全訳 華厳経 全2巻

口語全訳 華厳経 全2巻


現代日本語だったら、むしろ独訳の方がいいのでは?という向きには、こちら。最近知ったのですが、あの土井虎の独訳がリプリントされているんです!!これも欲しいなぁ。漢訳からの重訳ですが。

Kegon-Sutra

Kegon-Sutra


Kegon-Sutra. Band II

Kegon-Sutra. Band II


中村先生は、『『華厳経』『楞伽経』 (現代語訳大乗仏典)』で、華厳経と楞伽経をセットにして出されました。唯心を初めとして共通する部分が多いからなんだと思いますが、両者の関係をもっと調べてみる価値はあると思います。


f:id:furuhon-ya:20130221121138j:plain:w150f:id:furuhon-ya:20130221120954j:plain:w150:h200
f:id:furuhon-ya:20130222145115j:plain:w150

広告を非表示にする